現実世界をフルCGで

今回紹介するのは、映像内の全てがCGで作られたフルCG動画「The Third and The Seventh」です。
この映像を予備知識が全くない状態で見たら、実写映像だと思う人がほとんどではないでしょうか。一昔前のチープなCGのイメージを完全に払拭するような出来で、経年による劣化の質感などもしっかり再現されており、とても「リアル」なCG映像となっています。

しかもこの映像、すべてたった一人の手によって作られているのです。映像・動画制作には多大な時間がかかるのが当たり前。大抵はグループワークで制作します。しかし、このハイクオリティなレベルのCGを、たった一人で制作することもできるのです。

CGのクオリティの高さ。「自己表現」として一人で制作できる範囲の大きな広がり。この動画は、この21世紀の映像制作というものの一つの方向性を示唆しています。個人で勝負をかける美大受験生としても、いろいろと考えるべきことが多い動画だといえます。


入門CGデザイン -CG制作の基礎-

CG制作の入門書。Kindle版もあり。