VRでマイン・クラフト

今回紹介するのは、マイクロソフトが開発中のヘッド・マウント・ディスプレイ(Head Mount Display)のデモ動画です。
スマートフォンやタブレットを使用したAR(Augumented Reality:拡張現実)、ヘッド・マウント・ディスプレイを使用したVR(Virtual Reality)。どちらもここ数年で飛躍的に技術が向上し、一般に普及し始めてきている最先端の映像技術です。

この動画は、マイクロソフトが開発しているHMDを使用してマイン・クラフトというゲームを立体的に仮想空間に出現させている動画です。まるで空間の中に立体的に映像が出現しているかのような錯覚を与える、斬新な映像体験ができる技術となっています。

ARもVRも、直近の未来に大きく発展する映像技術。将来の映像作家は、AR/VRへ対応できることが必要になる可能性があります。映像と現実世界の融合は、驚くべき速さで進んでいるのです。美大受験生としても、その流れを無視していては乗り遅れてしまいます。
SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T2

ソニー製のヘッド・マウント・ディスプレイ。日本で入手可能です。